読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雲の中の散歩のように

Cinema letteratura musica どこまで遠くにゆけるのだろう

King Crimson :"Peace - An End"

1968年に結成されて以来、キング・クリムゾンが過去を振り返ったことはない。ただひたすら前へ前へと進んで来たバンド、まさにプログレッシブであり続けたのが、クリムゾンなのだ。

 

ところが今回の「エレメンツ・ツアー 2015」は、まるで過去に立ち戻ろうとしているかのようではないか。

 

f:id:hgkmsn:20151209211518j:plain

                                          (2015年12月9日 オーチャードホール 東京)

 

『クリムゾンキングの宮殿』や『ポセイドンのめざめ』など、初期のアルバムからの曲が取り上げられたこともある。メル・コリンズも戻ってきたし、ノスタルジックな「21世紀のスキソイド・バンド」のジャッコ・ジャクスジクも、新しい正式メンバーとなった。

 

しかしロバート・フリップの率いるバンドが、懐古趣味やノスタルジーを儲けのネタにして巡業に出るようなことはない。

 

1st や 2nd アルバムからの曲が演奏されたのは、新解釈の “セルフカバー”だ。トリオ・ドラムという編成であり、重厚なリズムセクションから立ち上がる演奏は、新しい驚きに満ちていた。

 

それにもかかわらず、しかし、今回のクリムゾンがなにか過去を振り返っているように見えるのは、きっと時代がぐるりと一巡したからだと思う。

 

例えば、ジャッコがハイトーンで歌い上げてくれた "Peace - An End" に耳を傾けてみればよい。 2nd アルバム『ポセイドンのめざめ』(1970)からの曲だけど、東京公演の最初の4日間、初日を除いて、オープニングに披露されたもの。

 

それにしても、「平和 - 何かの終わり」というタイトルの曲をコンサートの冒頭に置くというのは、なんとも興味深い。確かにその歌詞を読んでみれば、とても同時代的な響きがある伝わってくる。なるほどそういうことかと思わせてくれる。

 

以下に、ぼくの試訳を置いておく。ぼくはなんだか、自分が今立っている時代に亀裂が入り、キング・クリムゾンの活動が始まる60年代末が生々しい姿をひょいと現したように感じたのだが、どうだろうか。

 

ご笑覧。

  


King Crimson - Peace -- An Ending (HQ)

 

"Peace - An End"

平和 - 何かの終わり

 

Peace is a word

Of the sea and the wind.

Peace is a bird who sings

As you smile.

Peace is the love

Of a foe as a friend;

Peace is the love you bring

To a child

 

平和という言葉は

海や風のもの

平和という鳥が歌えば

あなたが笑う

平和という愛は

敵を友のようになし

平和という愛を届ける相手は

未来の子ども

 

Searching for me

You look everywhere,

Except beside you.

Searching for you

You look everywhere,

But not inside you.

 

ぼくを探してあなたは

あらゆる場所を探すのに

あなたの傍を見てはいない

自分を探してあなたは

あらゆる場所を探すのに

自分の中を見てはいない

 

Peace is a stream

From the heart of a man;

Peace is a man, whose breadth

Is the dawn.

Peace is a dawn

On a day without end;

Peace is the end, like death

Of the war.

 

平和という小川は

人の心から流れ出す

平和という人は その広い心に 

夜明けを見る

平和という夜明けは

終わりの日の始まり

平和という終わりは まさにあの

戦争に死んでもらうこと

 

 

In the Court of the Crimson King

In the Court of the Crimson King

 

 

In the Wake of Poseidon: 30th Anniversary Edition

In the Wake of Poseidon: 30th Anniversary Edition

 

 

The Elements Tour Box 2015

The Elements Tour Box 2015