読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雲の中の散歩のように

Cinema letteratura musica どこまで遠くにゆけるのだろう

エンツォ・ヤンナッチ『王さまに会ったよ』

 エンツォ・ヤンナッチの歌う『王に会ったよ Ho visto un re 』を日本語にしてみました。もともとは、ダリオ・フォーの舞台『おいらは考えて歌うぜ Ci ragiono e canto 』(1966年)のための曲だそうです。作詞はフォー、作曲はパオロ・チャルキ。

 

 歌の内容にあわせて可愛いアニメーション付きの映像がありましたので、あわせてどうぞ。

 


Enzo Jannacci, Cochi e Renato - Ho Visto un Re ...

 

- Dai dai, conta su…

「さあ、さあ、話せ、

- Ah be, sì beh….

「あっそ、そうか

 

1. 

- Ho visto un re.

「王に会ったよ

- Sa l'ha vist cus'è?

「誰に会った?

- Ha visto un re!

「王さまに会ったんだ!

- Ah, beh; sì, beh.

「あっそ、そうか

- Un re che piangeva seduto sulla sella piangeva tante lacrime, ma tante che bagnava anche il cavallo! 

「王さまは鞍にまたがって泣いていた

 涙をたくさん流しながらね、あまりにたくさんだったから

 馬までぐしょ濡れさ

- Povero re!

「可哀想な王さま

- E povero anche il cavallo!

「それに馬も可哀想

- Ah, beh; sì, beh.

「あっそ、そうか

- È l'imperatore che gli ha portato via un bel castello…

「なにせ皇帝に立派なお城を取り上げられちゃったんだ

- Ohi che baloss!

「おや、なんてずるいヤツ

- ...di trentadue che lui ne ha.

「32ある王の城のひとつをね

- Povero re!

「可哀想な王さま

- E povero anche il cavallo!

「それに馬も可愛そう

- Ah, beh; sì, beh.

「あっそ、そうか

 

2. 

- Ho visto un vesc..

「しきょうに会ったよ

- Sa l'ha vist cus'è?

「誰に会ったって?

- Ha visto un vescovo!

「司教さまに会ったんだ!

- Ah, beh; sì, beh.

「あっそ、そうか

- Anche lui, lui, piangeva, faceva un gran baccano, mordeva anche una mano.

「司教さまも泣いていた、大声をあげて、手を噛んでいたんだ

- La mano di chi?

「誰の手だい?

- La mano del sacrestano!

「寺男の手さ

- Povero vescovo!

「可哀想な司教さま

- E povero anche il sacrista!

「寺男も可哀想

- Ah, beh; sì, beh.

「あっそ、そうか

- è il cardinale che gli ha portato via un'abbazia…

「なにせ枢機卿に教会堂を取り上げられちゃったんだ

- Oh poer crist!

「ああキリストさま、なんてこと!

- ...di trentadue che lui ce ne ha.

「32ある司祭の教会堂のひとつをね

- Povero vescovo!

「可哀想な司教さま

- E povero anche il sacrista!

「寺男も可哀想

- Ah, beh; sì, beh.

「あっそ、そうか

 

3. 

- Ho visto un ric…

「かねもちに会ったよ

- Sa l'ha vist cus'è?

「誰に会ったって?

- Ha visto un ricco! Un sciur!

「金持ちにあったんだ。シニョーレだ!

- Ah, beh; sì, beh.

「あっそ、そうか

- Il tapino lacrimava su un calice di vino ed ogni go, ed ogni goccia andava…

「その不幸者はワインの杯を持って泣いてた、そして涙の粒が一滴づつ落ちてゆく…

- Deren't al vin?

「ワインの中に?

- Sì, che tutto l’annacquava!

「そう、だからワインはすっかり水浸し

- Pover tapin!

「可哀想な不幸者

- E povero anche il vin!

「それにワインだって可哀想

- Ah, beh; sì, beh.

「あっそ、そうか

- Il vescovo, il re, l’imperatore l'han mezzo rovinato, gli han portato via tre case e un caseggiato di trentadue che lui ce ne ha.

「司教と王と皇帝になかば破滅させられたんだ、32ある金持ちの家のうち、三つの邸宅とひとつの大邸宅が取り上げられちゃったから

- Pover tapin!

「可哀想な不幸者

- E povero anche il vin!

「それにワインだって可愛そうだ 

- Ah, beh; sì, beh.

「あっそ、そうか

 

3. 

- Ho vist un villan.

「田舎者に会ったよ

- Sa l'ha vist cus'e`?

「誰に会ったって?

- Un contadino!

「農民だよ!

- Ah, beh; sì, beh.

「あっそ、そうか

- Il vescovo, il re, il ricco, l’imperatore, persino il cardinale, l'han mezzo rovinato, gli han portato via: la casa, il cascinale, la mucca, il violino, la scatola di kaki, la radio a transistor, i dischi di Little Tony, la moglie!

「司教と、王と、金持ちと、皇帝と、それから枢機卿に、なかば破滅させられたんだ。取り上げられたのはね、家と、納屋と、乳牛と、ヴァイオリンと、柿の箱と、トランジスタラジオと、リトル・トニーのレコード、そして奥さんさ。

- E po`, cus'e`?

「それから、何が?

- Un figlio militare,  gli hanno ammazzato anche il maiale…

「息子だって兵隊に取られたし、豚だって殺されちゃった

- Pover purscel!

「かわいそうな “プッシェル” !

- Nel senso del maiale…

「“プッシェル” とは豚の意味ね

- Ah, beh; sì, beh.

「あっそ、そうか

- Ma lui no, lui non piangeva, anzi: ridacchiava! Ah! Ah! Ah!

「でもあいつはちがう、あいつは泣かなかった、むしろアッハッハと笑ってた

- Ma sa l'è, matt?

「ほんとに?気でも違ったの?

- No!

「ちがうね

- Il fatto è che noi villan…

「なぜって、おれたち田舎者はさ

- Noi villan…

「おれたち田舎者はさ

- E sempre allegri bisogna stare che il nostro piangere fa male al re fa male al ricco e al cardinale diventan tristi se noi piangiam,

「いつだって陽気でいなきゃだめなんだ、おれたちが泣けば王さんの身体にさわる、金持ちや枢機卿の身体にもさわる、みんな沈んでしまうのさ、おれたちが泣いたらね。

- e sempre allegri bisogna stare che il nostro piangere fa male al re fa male al ricco e al cardinale diventan tristi se noi piangiam! 

「だからいつも陽気でいなきゃだめなんだ、おれたちが泣けば王さんの身体にさわる、金持ちや枢機卿の身体にもさわる、みんな沈んでしまうのさ、おれたちが泣いたらね。

  - Ah, beh!

「あっそ!

 

 

参考サイトは次の通り:

1. Wikipedia解説(イタリア語)

http://it.wikipedia.org/wiki/Ho_visto_un_re/Bobo_Merenda

2. イタリア語テキスト

http://www.antiwarsongs.org/canzone.php?id=1157&lang=it

3. 英語訳

http://italianmodernpoetry.blogspot.jp/2010/12/ho-visto-un-re-i-saw-king.html