雲の中の散歩のように

Cinema letteratura musica どこまで遠くにゆけるのだろう

ゾンビと免疫と来るべき共同体

Night of the Living Dead.

 

ちまたでは、まだまだウイルスの話でもちきり。ローマの音楽院ではアジア人のレッスンがキャンセルされたとか、どこかの国の生物兵器ではないかとか、アメリカの対応に比べて我が国ときたらという嘆きとか。そんなおり、娘とウイルスの話をしていて、興味深かったことがふたつある。

 

1. ウイルスの戦略

 ひとつは、非細胞生物としてのウイルスの生存戦略

細胞生物は、みずからの内部に代謝系を抱え込み自力で増殖する。単細胞で増殖するのは危険なので、できるだけ集まって多細胞化することで、安定して増殖しようとする。これに対してウイルスは細胞を持たないという戦略を立てた。自ら代謝系を抱え込むよりも、身軽になって、手近な細胞の代謝系を借りて増殖してしまえばよいというわけだ。

それを聞いていた娘が、ウイルスの戦略ってうちの会社みたいねという。小さくて身軽で、最小の単位で動いているということらしい。なるほど、多細胞生物が巨大な図体を抱える大企業や官僚組織は、さまざまな業務を抱え込んでいる。それが、自らの内部に代謝などのさまざまな機能を抱え込んだ細胞生物のようだとすれば、遺伝子情報を担う核酸だけを保持して、ほかのすべてを外部に頼るスタイルは、非細胞生物のウイルスが、細胞生物に寄生するのに似ている。

 

2. ウイルスとゾンビ

もうひとつ面白かったのは、ウイルスがぼくらの細胞を乗っ取って不死化させるのというのが、まるでゾンビのようだということ。

ゾンビに噛まれた人はゾンビになる。ウイルスに乗っ取られた細胞が、周りの細胞をウイルスに感染させるのと同型ではないか。このとき、ウイルスが感染した細胞は、アポトーシス自死)で抵抗する。ゾンビに噛まれた人間がゾンビ化する前に自死しようとするのと同型だ。

自死できなければ、まわりの人間が自分がまかれるまえにゾンビ化した元人間の脳をつぶす。脳が停止すれば、ゾンビは活動できなくなる。これって、なんとかしてウイルスを無力化しようとする免疫システムの働きそのもの。ゾンビ映画というのは、免疫システムの比喩としても見ることができるわけだ。

 

3. 比喩としての免疫システム

ところで「免疫」というのは「 immune 」と記す。これは否定の接頭辞「 in-」に「munus (義務)」が続いたもので、元来は税金の義務などを免除され、自由で独立した荘園の権利を指す。だとすると「疫病」から生物の自由と独立を保障するものとしての免疫システムは、人間の政治・経済・共生の歴史のパラブルではないか。

そもそも人はひとりでは生きられない。だから誰かと一緒に生きるわけだ。一緒に生きるためには「意思の疎通」が必要だ。それを「comunicare」というならば、そのなかで生まれるのが「共同体 commune 」。どちらの言葉も、その組成は接頭辞「 con- (共に)」に「 munus (義務、役割)」が続いたもの。ぼくらは「義務、役割を共にしながら」生きているのだ。

 

4. 共同体の起源から

興味深いのは、「地方自治体の」と言うとき、英語でもなお「 municipal(イタリア語では municipale)」という言葉が使われ、イタリア語ではさらに地方自治体のことを「municipio」と呼ぶことだ。その組成は「義務 munus」を「取る capere」であり、元来は「住民がローマの市民権を持つ都市」を意味するものだったらしい。

そもそもラテン語の「munus(義務、責務、役割)」には、元来「恩恵、報酬」という意味があり、さらに印欧語の語根「mei- 」にまで遡れば、そこには「相互に交換する」という意味が見出せるようだ。

なるほど。相互に交換するものが恩恵であり報酬であり、義務であり、責務であり、共同体に生きる人の役割ということか。

だとしたら、ぼくたちはぼくたちの共同体を、どうやって立ち上げなおせばよいのか、なんだか微かにではあるけれど、見えてきたような気がするのだけど、どうだろうか。

コロナウイルス雑感

Atom Heart Mother  (Remastered Discovery Edition)

東京でもマスクが売り切れているといいます。311のときミネラルウォーターが店頭から消えたことを思い出しますね。あのときは放射能汚染でしたが、今回はコロナウイルスがひき起こしたちょっとしたパニックというわけです。

 放射能とかウイルスとか、ぼくらはとかく、その名前だけに怖がってしまうもの。ぼくも放射能にはまいりました。知っているつもりが、実は何も知らなかったということに気づいたのは、恥ずかしながら、あの事故のときでした。

 今回はウイルスということで、知っているつもりが、なんだかみんな怖がっています。みんなが怖がると、ぼくもやはり不安になります。こういうときは鉄則は、ちゃんとお勉強することです。

そこでとりあえず、ネットの情報をたぐりながら、人間にとってのウィルスは、どのように捉えられてきたのか、少し調べてみました。

 

1. ウイルス発見の小史。

ウイルスのように姿の見えない生物(生物ではないという見解もありますが、それはおいて)のことを微生物といいます。この微生物の最初の発見は1674年、オランダのアントニ・ファン・レーウェンフックが顕微鏡で微生物を目にしたところに求められます。彼は顕微鏡で「精子」も見たそうです。

ここで重要なのは、世の中には目に見えない生き物がいるということ。この見えない生き物は細菌と呼ばれることになります。この細菌の研究を推し進めたのがフランスのパスツールと、ドイツのコッホですね。コッホのほうは、炭疽菌結核菌、コレラ菌の発見者です。パスツールは牛乳やワインの腐敗を低温殺菌法(パスチャライゼーション)を開発、狂犬病を予防する予防接種を開発しますが、実は狂犬病がウイルスによるものであるとは知らないままにワクチンを開発していたわけです。

ウイルスの存在が知られるのは、19世紀のおわりごろで、細菌を濾過したはずのに、悪さをするものが残っていることがきっかけで、「通過性病原体 filterable virus」などと呼ばれることになります。濾過器を通過する毒素(virus)ということですね。その毒素(ウイルス)の姿が確認されるのは、1935年のこと。アメリカのウェンデル・スタンリー がウイルスの結晶化に成功し、その姿を電子顕微鏡でとらえたのです。

 

2. ウイルスとは何なのか?

ウイルスとは、生物に悪さをする毒素です。それは細菌のような微生物よりも小さい病原体ですが、生物とは言い切れないようです。というのも、生物は細胞を一つの単位として持ちますが、ウイルスは細胞よりも小さく、細胞のなかで遺伝情報を伝える細胞核だけでできたような存在です。構成としてはタンパク質による外殻と遺伝子情報を担う核酸RNAかDNAの一方)を持ちます。

遺伝子情報があるのだから生物のようですが、ウイルスは細胞からなる生物と違って、代謝機能を持たず、単独で増殖することができません。ひとりではエネルギー源もなく増殖もできないのですから、ほとんど非生物と同じなのですが、ウイルスの賢いところは、ほかの生物の細胞に寄生して、その細胞のエネルギーを利用し、みずからの遺伝子情報を使って増殖するのです。

つまり、単独では非生物ですが、寄生することで生物にように振舞う存在。それがウイルスというわけです。

 

3.ウイルスの感染

 ウイルスは生物に寄生することで生き残ろうとします。うまく共生することもあるのですが、多くの場合、寄生された生物に不都合が生じます。ウイルス感染です。

ウイルス感染とは、ウイルスが生物の細胞を乗っ取った状態です。ウイルスに乗っ取られた細胞は、これに抵抗して、細胞周期停止、あるいはアポトーシス(細胞死)を引き起こします。乗っ取られた細胞をすべて自殺させてしまえば、ウイルスを排除できるという戦略なのです。

これに対してウイルスは、細胞の自殺を食い止めようとします。アポトーシスをやめさせるわけですが、それはすなわち細胞を不死にすること。つまりガン化です。ウイルスは、細胞をガン化させて、細胞の浄化システムであるアポトーシスを停止させてしまうのです。

けれどもウイルスにとって都合がよいのは、感染が持続することです。宿主を殺してしまっては自分も増殖できません。ひとつの個体がだめになっても、なんとか別の個体に寄生できればよいわけです。ですからウイルスは戦略的に感染を拡大させようとします。感染は持続すればするほど都合がよい。感染の持続は、寄生の持続であり、寄生の持続はウイルスの生き残りの鍵なのです。

 

4.生物の免疫

非細胞生物であるウイルスのこうした生存戦略に対して、細胞生物のほうも黙っているわけではありません。生物学的には、ウイルスに対する細胞生物の防御はかなり念入りなものになっています。

細胞生物は、まず物理的な障壁を持っています。皮膚や粘液など、外界と接触する場所には厳重なシールドがほどこされていますから、そうかんたんにウイルスの侵入を許しません。万一内部に侵入されたとしても、ほとんどの生物が先天的に備えている免疫システムがウイルスの感染を許しません。

この2重防御システムを通過された場合でも、脊椎動物には第三の免疫システムがあるといいます。つまり、ひとたびウイルスに感染しても、うまく生き残ることができたならば、免疫記憶が残って、再度の感染を防ぐわけです。

 

5. ワクチン

この免疫記憶を利用したものがワクチンです。これは天然痘の感染を防ごうとして、1796年にジェンナーが8歳の子どもに「牛痘」を種痘したことから来ています。「牛」のことをラテン語では vacca と言いますが、その形容詞 vaccinus がワクチン(vaccine)の語源的な由来です。

ジェンナーは経験的に、牛痘を感染した者が天然痘にかからないことから、その種痘を始めるわけですが、それは結果的に、免疫記憶という脊椎動物に特有のウイルスに対抗する防衛システムを利用するものでした。

人は初めて経験するウイルスには免疫記憶がなく、うまく抗体を作れないので、発熱や細胞のアポトーシスなどの自然免疫システムをフル稼働させて戦わなければなりません。この戦いには体力が必要で、小さな子どもやお年寄りには、たいへん過酷なものになります。

しかし、ワクチンによって免疫記憶を与えることができれば、そんな過酷な戦いを避けることができるわけです。

 

6. 生物兵器コロナウイルス

 ジェンナーが見出した種痘という方法で、天然痘はすでに撲滅されています。ウイルスがいなくなってしまうと、人間にはそのウイルスとの免疫記憶がなくなってしまいます。そこを悪用して武器として使おうというのが生物兵器としての天然痘ウイルスです。そんなものをばら撒かれたらたまりませんから、そういう悪い輩に対抗するため、世界の軍事施設では万一に備えてワクチンを作るための種を保持していると聞きます。

おバカな話だと思いますが、それはあくまでに生物としての人間にとって。天然痘ウイルスにとっては、みずからの種を保存してくれるのですから、願ったりかなったりではないでしょうか。あとは、ばかな人間が、ほかの人間にばら撒いてくれるのを、ただじっと、安全なガラス瓶のかなで、待っていればよいというわけです。

一方で、今話題になっているコロナウィルスもまた、人間が免疫記憶を持たないものです。発生源はコウモリとの接触武漢の市場で売られていたようですから)によって、人間の免疫記憶のないウイルスと接触してしまったわけです。

ただニュースにもあるように、感染しても重症化しなかった人も多いわけです。それはつまり、ぼくたちの自然免疫システムが、ちゃんと機能していることを示してくれています。もちろん、この新しいウイルスとの戦いは始まったばかりです。しばらくは大変でしょうが、その時期さえ乗り越えて、リソースさえあれば、ワクチンの開発は時間の問題かと思われます。

 

7. ぼくたちにできること

 そのあいだぼくたちにできることは、まずは手洗いとうがい。ともかく体に入れないようにすること。ウイルスもまたタンパク質でできているものですから、大概のものは煮沸すれば滅殺できますし、エタノールなどの薬品で消毒できます。

マスクもあるていど有効でしょうけれど、買いだめに走るくらいなら、早寝早起きをして、きちんと加熱された食事をとって栄養をつけるほうが大切でしょう。体力をつけておけば、いざとなっても自然免疫システムが機能してくれます。

ただし、体力のない子供やお年寄りは注意が必要です。まずは物理的な感染をさけるようにするのが一番。あとはワクチンが開発されるのを待つしかありません。

それにしても、これってなんだか、3・11の放射能汚染のときの最終的な結論に似ていますね。不安がるよりも、冷静に、日常生活を続けることが大事というわけです。

 

余談ですが、冒頭の「牛」はワクチンの語源をイメージしたもので、ぱっと思いついたこのアルバムから借用しました。

 

深い意味はありません。

 

ただ、あの「太陽のもとでは全てがアンダーコントロール状態だけど、太陽って月に食べられるんだぜ」というフレーズは、もしかすると、ぼくたち細胞生物とウイルスという非細胞生物の関係と少し似ているのかもしれません。

 

Atom Heart Mother  (Remastered Discovery Edition)

Atom Heart Mother (Remastered Discovery Edition)

  • アーティスト:Pink Floyd
  • 出版社/メーカー: Parlophone (Wea)
  • 発売日: 2011/09/26
  • メディア: CD
 

 

 

加藤典洋『完本・太宰と井伏』、短評

完本 太宰と井伏 ふたつの戦後 (講談社文芸文庫)

年末から年頭にかけて、加藤典洋の『太宰と井伏、ふたつの戦後』を読んだ。読み進めながら、これが『9条入門』と平仄をあわせるものだと気がついた瞬間、鳥肌が立った。9条には「ねじれ」があった。そこには平和主義の崇高な理念が輝く一方、敗戦の結果として押し付けられたものだという引け目、そこが「ねじれ」ていたのだ。與那覇潤さんのみごとな解説によれば、かつての加藤はその「ねじれ」を解消するために、憲法の「選び直し」を主張していたが、ここでは「ねじれ」をそのまま受け入れる方向に変化している。

加藤自身の言葉では「憲法9条の『使用法』への問い」を立てることであり、それは8月15日の廃墟の場所に立ち戻り、いわばゼロの地点から考え直してみることにほかならない。注目しておきたのは「使用法」という加藤の言葉だ。これをぼくは、アガンベンの言う「使用」に近づけて考えてみたい誘惑にかられる。アガンベンは「所有」からのパラダイム変換を図るものとして「使用」を言う。

このイタリアの哲学者は、「使用」を意味するギリシャ語の「クレスタイ」という中動態の動詞から発想する。中動態において「動詞は主語がその座〔siége〕となるような過程を表す」のであり、「主語は過程の内部にある」。ということは、私たちが9条を「使用」するとき、私たちは「使用」という9条の過程のなかにある。そして、その過程のなかで変容してゆく。加藤においてそれはおそらく、憲法の「ねじれ」を解消するのではなく、むしろその「ねじれ」を生きる方向への転換を示す言葉だったのだろう。

同じことが加藤の「太宰と井伏」にもいえる。一方には文学的な理念の「純粋」に生きようとする「純白」があり、もう一方には「ただ生きていればそれでよい」という文学的な「よごれ」がある。それはいわば、文学的な理念が崩壊したのちの「理念の零度」の地点。いわば「底辺」にふれた状態から始まる文学ということになるだろうか。

かつての加藤は、この文学的な「純粋」と「よごれ」を統合するような方向を考えていた。しかし、『完本・太宰と井伏』に納められた2本の論考のなかで、その立場は次第に「純粋」と「よごれ」を、そのままに生きることを是とする立場へと変化してゆく。それはいわば、「太宰と井伏」の文学的な統合から、その「ねじれ」そのものの文学的な「使用法」を問う立場への変化だといえるのではないだろうか。

 

 

完本 太宰と井伏 ふたつの戦後 (講談社文芸文庫)

完本 太宰と井伏 ふたつの戦後 (講談社文芸文庫)

 
9条入門 (「戦後再発見」双書8)

9条入門 (「戦後再発見」双書8)

 
アガンベンの身振り (哲学への扉)

アガンベンの身振り (哲学への扉)

  • 作者:岡田 温司
  • 出版社/メーカー: 月曜社
  • 発売日: 2018/06/29
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)