読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雲の中の散歩のように

Cinema letteratura musica どこまで遠くにゆけるのだろう

憲法改正国民投票の敗北を受けてマッテオ・レンツィの演説(ちょっと訳してみた)

イタリア語 もろもろ

f:id:hgkmsn:20161206132556j:plain

国民投票での敗北を受け、レンツィ首相が辞任しました。ちょっとした驚きです。ほんとうに辞任するかどうか、みんな半信半疑だったわけですが、ある意味で潔く身を引いたわけです。

これからどうなるのか。ヨーロッパの先行きが見えなくなってきたわけですが、さしあたり、その辞任の演説を日本語にしておきたいと思います。

ただし、なにせ大急ぎで訳したものですから、おかしなところがあるかもしれません。(見つけたら、教えてね)。


映像はこれ。


Matteo Renzi si dimette: il discorso in diretta.

 

以下がその全文と拙訳です。

 

では、どうぞ。

 

憲法改正国民投票の敗北を受けてマッテオ・レンツィの演説(全文)
Il testo integrale del discorso di Matteo Renzi dopo la sconfitta al referendum costituzionale 

 

今日、イタリア国民は声をあげました。 聞きまちがえようのない声でした。 きっぱりと明確な決断が下されたのです。 民主主義にとっての大いなるお祭りでした。 投票率はあらゆる予想を上回りました。たしかに選挙戦の論争に彩られたお祭りではありましたが、 それでも多くの市民が、そこにゲームの規則が記されているところの、 憲法の条文に触れたのです。 これはとてもすばらしく、大切で、意義深いことに、ちがいありません。

 

Oggi il popolo italiano ha parlato, ha parlato in modo inequivocabile. Ha scelto in modo chiaro e netto e credo che sia stata una grande festa per la democrazia. Le percentuali di affluenza sono state superiori a tutte le attese. È stata una festa che si è svolta in un contesto segnato da qualche polemica in campagna elettorale, ma in cui tanti cittadini si sono riavvicinati alla Carta costituzionale, al manuale delle regole del gioco, e credo che questo sia molto bello, importante e significativo.   

 

わたしはうれしく思います。 議会が、政府の主導で、市民に改革について発言の機会を与えたのですから。 窓から様子を伺うのではなく選択するイタリア、万歳。 参加するイタリア、決められるイタリア、万歳。政治を信じるイタリア、万歳。

 

Sono orgoglioso dell’opportunità che il Parlamento, su iniziativa del governo, ha dato ai cittadini di esprimersi nel merito della riforma. Viva l’Italia che non sta alla finestra ma sceglie. Viva l’Italia che partecipa e che decide. Viva l’Italia che crede nella politica. 

 

「反対」の勝利は明白でした。 反対派の指導者の方々には、お祝いを申し上げるとともに、 この国、このイタリア、このイタリア国民のために、 良い仕事をしていただけるよう祈念します。 今回の投票結果によって、反対派の指導者は、名誉ある地位を与えられると同時に、 責任が課せられます。なによりもまずは選挙法を提案する責任を果さねければなりません。 勝者には、真摯で具体的で信頼のおける提案が求めらるのです。

 

Il No ha vinto in modo netto, ai leader del fronte del No vanno le mie congratulazioni e il mio augurio di buon lavoro nell’interesse del Paese, dell’Italia e degli italiani. Questo voto consegna ai leader del fronte del No oneri e onori insieme alla grande responsabilità di cominciare dalla proposta, credo innanzitutto dalla proposta delle regole, della legge elettorale. Tocca a chi ha vinto, infatti, avanzare per primo proposte serie, concrete e credibili.  

 

「賛成」の友人のみなさん。 みなさんとは、この改革の夢と、感動的な選挙戦を共にしてきました。 できればひとりひとりと、強く、心からの抱擁を交わしたい。 わたしたちは挑戦しました。 イタリアの人々に、シンプルでクリアな変化のチャンスを示してみせたのです。 しかし、だめでした。わたしたちの同胞の過半数を説得できなかった。 何百万もの票をいただきました。驚くべき数ですが、十分ではありませんでした。 わたしたちは勝つつもりでした。 参加するだけでは意味がないのです。 ですから敗北の責任はすべて、わたしが背負います。 「賛成」してくれた友人のみなさん、負けたはわたしです。 あなたたちではありません。 

 

Agli amici del Sì, che hanno condiviso il sogno di questa riforma, una campagna elettorale emozionante, vorrei consegnare un abbraccio forte, affettuoso, vorrei uno per uno. Ci abbiamo provato, abbiamo dato agli italiani una chance di cambiamento semplice e chiara. Ma non ce l’abbiamo fatta, non siamo riusciti a convincere la maggioranza dei nostri concittadini; abbiamo ottenuto milioni di voti, ma questi milioni di voti sono impressionanti ma insufficienti. Volevamo vincere, non partecipare e allora mi assumo tutte le responsabilità della sconfitta e dico agli amici del Sì che ho perso io, non voi.  

 

理想のために戦う者が負けることはありせん。みなさんは、すばらしい理想を掲げました。 今のようなヨーロッパの政治的季節にもかからわず。 市民を政治(cosa pubblica)に近づけ、ポピュリズムと戦い、システムを簡略化し、市民と企業をもっと近づけようとしました。 選挙戦では一軒一軒の扉を叩いて回っていただきました。 それも自らの費用で、何かを求めるのではなく、ただ与えるために。

 

Chi lotta per un’idea non può perdere. Voi avevate un’idea meravigliosa, in particolare in questa stagione della vita politica europea. Volevate riavvicinare i cittadini alla cosa pubblica, combattere il populismo, semplificare il sistema e rendere più vicini cittadini e imprese. Avete fatto una campagna elettorale casa per casa, a vostre spese, senza avere nulla da chiedere ma solo da dare.  

 

そんなみなさんは、負けたわけではないのです。こんばんは帰ってお休みください。そして明日、仕事にゆくときには、 選挙戦での取り組み、その情熱、そして掲げた理念に胸を張って欲しいのです。 もちろん、怒りも、失望も、苦々しさや悲しさがないわけではありません。 けれども、みなさんには胸を張って欲しいのです。 誰かを非難しながら行う政治はとても安易なものです。 何かをもとめて行う政治のほうがすばらしい。より困難でも、ずっとすばらしいのです。このすばらしさを誇りに思っていただきたいのです。 決してあきらめないでほしいのです。めざすべき政治は、自分の子供ためにおこなうものであって、支配階級の派閥の錬金術のためにおこなうものではないのですから。 

 

Per questo voi non avete perso. Stasera andando a risposare o domani andando a lavorare sentitevi soddisfatti dell’impegno, della passione, delle idee. Intendiamoci, c’è rabbia, c’è delusione, amarezza e tristezza ma vorrei foste fieri di voi stessi. Fare politica andando contro qualcuno è molto facile, fare politica per qualcosa è più difficile ma più bello. Siate orgogliosi di questa bellezza. Non smettete mai di pensare che si fa politica pensando che si fa politica per i propri figli e non per le alchimie dei gruppi dirigenti.  

 

いつの日か、勝利を祝うためにみなさんは戻ってこられることでしょう。 その日、今晩の涙を思い出せばよいのです。 国民投票で負けることはあっても、気持ちまで負けてしまうわけにはゆきません。戦いに敗れることあるでしょう。 けれども、信念では敗れません。 ここは世界でもっともすばらしい国だという信念。 あの国旗が示してくれる理念が、 わたしたちを育ててくれた文明、教育、国の素晴らしさを表し、 そんなわたしたちの文明を誇りに思わせてくれるのだという信念において、敗れることはありません。 敗れたのは、わたしなのです。   

 

Arriverà un giorno in cui tornerete a festeggiare una vittoria e quel giorno vi ricorderete delle lacrime di questa notte. Si può perdere il referendum ma non si può perdere il buonumore. Si può perdere una battaglia ma non la fiducia che questo è il Paese più bello del mondo e quella bandiera rappresenta gli ideali di civiltà, educazione e bellezza che ci fano grandi e orgogliosi della nostra civiltà. Io invece ho perso.

 

イタリアの政治では誰も敗れません。勝てなくても、敗れることはないのです。なんど選挙をやっても、なにも変わることはありません。 わたしは違います。敗れたのです。声を大にして言わせてもらいます。 喉につかえるものがあるのは、ロボットではないからです。 みなさんを勝利に導くことができなかった。 けれども信じてほしい。この段階でできると思ったことは、ほんとうに、すべてやったのです。


Nella politica italiana non perde mai nessuno, non vincono ma non perde mai nessuno. Dopo ogni elezione resta tutto com’è. Io sono diverso, ho perso e lo dico a voce alta, anche se con il nodo in gola. Perché non siamo robot. Non sono riuscito a portarvi alla vittoria. Vi prego di credermi quando vi dico che veramente ho fatto tutto quello che penso si potesse fare in questa fase.  

 

わたしは、 今のイタリアのように、ありえない数の政治家がいることが政治だとは思いません。 もう何十年も誰もが政治(cosa pubblica)の閉鎖性を批判してきたのに、 しかるべきときになにも変えられないような体制で、このまま続けられるとは思いません。 わたしが信じるのは民主主義です。だから負けた時には、なんでもないふりをすることなく、 口笛を吹きながら立ち去って、夜のうちに、すべてが過ぎ去ることを望むしかないのです。

 

Io non credo che la politica sia il numero inaccettabile di politici che abbiamo in Italia. Io non credo che si possa continuare in un sistema in cui l’autoreferenzialità della cosa pubblica è criticata per decenni da tutti e poi al momento opportuno non venga cambiata. Ma credo nella democrazia e per questo quando uno perde non fa finta di nulla, fischiettando e andandosene sperando che tutto passi in fretta nella nottata.   

 

私はイタリアを信じています。だからこそイタリアを変えることが義務だと思うのです。 内閣府で過ごした千日千夜、わたしはそんな可能性を、世界で唯一の可能性を見てきました。 こうした可能性を実現させるために、わたしたちの唯一のチャンスは、 漂うのではなく、挑戦すること、 今日をやりすごすのではなく、未来を信じることでした。今日のイタリアの民主主義は、議会制に基づいたものです。 わたしたちが信任を求めたとき、わたしたちが求めたのは、そのシステムを単純化し、 二院制の弊害を取り除き、政治のコストを減らし、直接民主主義の余地を広げることでした。 この改革こそが、わたしたちが投票に訴えたものなのです。 わかってはもらえなかったのは残念ですが、 気持ちよく退場しようと思います。 民主主義が勝利し、「反対」が勝利したとはいえ、 わたしたちが信念と情熱をもって堂々と戦ったこともまた事実なのですから。

 

Credo nell’Italia è per questo credo sia doveroso cambiarla. Nei mille gironi e nelle mille notti passati in questo palazzo ne ho viste le possibilità straordinari, uniche al mondo. ma perché queste possibilità si realizzino, le uniche chance che abbiamo è scattare, non galleggiare, è credere nel futuro, non vivacchiare. La democrazia italiana di oggi si basa su un sistema parlamentare. Quando abbiamo chiesto la fiducia abbiamo chiesto di semplificare il sistema, di eliminare il bicameralismo, abbassare i costi della politica, allargare gli spazi di democrazia diretta. Questa riforma è quella che abbiamo portato al voto. Non siamo stati convincenti, mi dispiace, però andiamo via senza rimorsi, perché se vince la democrazia e vince il no, è anche vero che abbiamo combattuto la buona battaglia con convinzione e passione.   

 

最初からはっきりさせていたように、わたしの政府はここで終わります。 いままでの政治システムなら、いつでも変わらぬ指導者たちが、役職だけを変えるだけで、国を変えることはありませんでした。 そんなシステムを変えようとするなら、だれもが自分の習慣にしがみついている状況に知らないふりはできません。 そうやって、誰もが自分のソファーにしがみついてしまうのです。 

 

Come era evidente e scontato dal primo giorno, l’esperienza del mio governo finisce qui. Credo che per cambiare questo sistema politico in cui i leader sono sempre gli stessi e si scambiano gli incarichi ma non cambiano il Paese, non si possa far finta che tutti rimangano incollati alle proprie consuetudini prima ancora che alle proprie poltrone.  

 

わたしは、元老院、県議会、Cnel(労働経済国民評議会)などにおける、 あまりに多い政治のソファーを無くしたかった。 しかし、それがかなわなかったので、わたしがソファーから落とされるというわけです。明日の午後、閣僚会議を開いて、みなさんにお礼を申し上げるつもりです。 すばらしい冒険ができたのは、しっかりしまとまったチームのおかげです。 それからクイリナーレ宮に赴いて、共和国大統領に辞表を提出します。 国民の皆さん、ご心配は無用です。マッタレッラ大統領が、威厳を持って確固たる指揮をとってくれるはずですから。 

 

Volevo cancellare le troppe poltrone della politica: il Senato, le Province, il Cnel. Non ce l’ho fatta e allora la poltrona che salta è la mia. Domani pomeriggio riunirò il Consiglio dei ministri, ringrazierò i miei colleghi per la straordinaria avventura, una squadra coesa, forte e compatta, e salirò al Quirinale dove al presidente della Repubblica consegnerò le mie dimissioni. Tutto il Paese sa di poter contare su una guida autorevole e salda quale quella del Presidente Mattarella.  

 

これからの政府は、 地震で被害を受けた地区に最大限の援助を約束するための法律を、 元老院で通すための準備の仕事にかかってもらわなければなりません。 カーサ・イタリアの計画を、次の内閣には託します。 ご存知のように、わたしの政治活動は、 ボーイスカウトの世界の連帯の精神に由来しますが、 スカウトの創設者バーデン・パウエルの言葉に、 来たときよりも美しくして出発すること、というものがあります。 わたしたちは、これからの国の舵取りをする者に、 国内総生産の成長率が-2%から+1%に回復したイタリアを残します。何年も待望されていた労働市場に関する法律(Jobs Act)によって、60万人の雇用を増やしました。 輸出も増加し、負債も減っているのです。 

 

In questi giorni il governo sarà al lavoro per completare l’iter di una buona legge di Stabilità, che deve essere approvata al Senato e per assicurare il massimo impegno ai territori colpiti dal terremoto. Lasceremo a chi prenderà il nostro posto il prezioso progetto di Casa Italia. Come sapete vengo dall’associazionismo, dal mondo scout e il fondatore dello scoutismo, Baden-Powell, diceva che bisogna lasciare i posti meglio di come si sono trovati. Lasciamo la guida dell’Italia con un Paese che passato dal -2% al +1% di crescita del Pil, che ha 600mila occupati in più con una legge, quella sul mercato del lavoro, che era attesa da anni, con un export che cresce e un deficit che cala.   

 

これから国の舵取りをする者に託すイタリアには、 第3セクターに関する法律、「ドーポ・ディ・ノイ(わたしたちがいなくなったとき)」という(障碍者の保護と自立援助のための)法律、国際協調に関する法律、道路安全に関する法律、不当な労働解雇(dimissioni in bianco)を規制する法律、自閉症のための法律、シビルユニオンに関する法律があります。また食料の破棄、移民労働者の搾取、環境犯罪などを抑制する法律もあります。 これらは魂のこもった法律であり、あまり話題に上りませんでしたが、 わたしには大切な法律なのです。 

 

Lasciamo la guida del Paese con un’Italia che ha finalmente una legge sul terzo settore, sul dopo di noi, sulla cooperazione internazionale, sulla sicurezza stradale, sulle dimissioni in bianche, sull’autismo, sulle unioni civili.Una legge contro lo spreco alimentare, contro il caporalato, contro i reati ambientali. Sono leggi con l’anima, quelle di cui si è parlato di meno ma a cui tengo di più.  

 

2017年の3月には ローマで、ヨーロッパ統一60年の記念式典がひらかれます。 タオルミーナでは5月にG7が開催されます。 11月には国連安全保障理事会が予定されています。 ミラノ・エキスポとジュビレオ(聖年)を成功させることができたのは、 政府の仕事ではな く、すばらしいプロフェッショナルたちが集まってくれたおかげです。 ここでもういちど感謝をささげます。 そして、とりわけ感謝をささげたいのは、治安維持にあたられた警察とこの国をまもる国軍であります。みなさんのおかげで、 国旗へのすばらしい忠誠心と職業意識を学ぶことができました。 ほんとうにありがとう。 

 

Lasciamo infine l’Italia con un 2017 in cui saremo protagonisti in Europa a marzo con l’appuntamento di Roma per i sessant’anni dell’Unione. Saremo protagonisti a Taormina a maggio per il G7. Saremo protagonisti con la presidenza de consiglio di sicurezza dellOnu a novembre. Aver vinto le sfide organizzative dell’Expo e del Giubileo non è merito del governo am di una struttura straordinaria di professionisti a cui va la mia rinnovata gratitudine. In particolar modo alle Forze dell’Ordine e alle Forze Armate di questo Paese che ho imparato a conoscere per una dedizione e una professionalità straordinaria alla bandiera e al Paese. Davvero grazie. 

 

この会場でわたしは、共和国民としての友情と、笑顔と、抱擁でもって、 それが誰であれ、わたしの後継者を迎えようることになるでしょう。 そして、政府の舵取りのシンボルである鐘と、これまでのこととこれからのことが記された書類の束をすべてお渡しするつもりです。 

 

In questa sala, infine, attenderò di salutare con amicizia istituzionale e con un grande sorriso e un abbraccio il mio successore, chiunque egli sarà. Gli consegnerò la campanella simbolo della guida del governo e tutto il lungo dossier delle cose fatte e da fare.   

 

妻のアニェーゼには、100日にわたる苦労を支えてもらいました。そして、わたしたちの国を代表するファースト・レイディをつとめてくれて、ありがとう。 わたしの子どもたちにもお礼をいいます。そして、みなさんにも。 最後の最後に、ジャーナリストのみなさんにお礼を言うなんてありえない話だとしても。 この1000日はあっという間でした。 そして今は、わたしにとって歩みをやり直すときなのですが、 みなさんにお願いしたいことがあります。 この「ポスト・ヴェリタ」の時代にあって、 すなわち、多くの人々において、 事実のリアリティであるものものが隠されているような時代にあって、 みなさんにはぜひ、 みなさんにもある大切なミッションに忠実であって、その威厳ある遂行者となっていただきたい。この国のために、 そしてみなさんの職業的使命のために。 

 

イタリア、万歳。 わたしたちのすべてが、がんばれますように。

 

Grazie ad Agnese per aver sopportato la fatica di mille giorni e grazie per come ha splendidamente rappresentato il nostro Paese.  Grazie ai miei figli e grazie anche a tutti voi, anche se ringraziare i giornalisti alla fine è quasi una cosa impossibile.  Sono stati mille giorni che sono volati, ora per me è il tempo di rimettersi in cammino,  ma vi chiedo nell’era della post-verità, nell’era in cui in tanti nascondono quella che è la realtà dei fatti, di essere fedeli e degni interpreti della missione importante che anche voi avete per il vostro paese e la vostra laica vocazione. 

Viva l’Italia, in bocca al lupo a tutti noi.   



なお、演説全文はこのサイトを参照しました。

www.lastampa.it

 

 

「共和制 Republic 」と「低脳 Moron」 をめぐって

もろもろ

f:id:hgkmsn:20160925160018j:plain

 

Facebook に投稿されていた記事だけど、ちょっと気になったので、それについて書いてみる。

 

ultimateclassicrock.com

 

上の記事は「ブルース・スプリングスティーンドナルド・トランプを低脳だと思っている」というタイトル。 ちらっと読んで気になったのは次の箇所だ。

The republic is under siege by a moron.

へえっと思ったのは2点。

ひとつは(the republic)。

ふたつめは「低脳 moron 」という表現。

 

1)【the republic】 について

 「the republic」は一瞬「共和党」かと思ったんだけど、それだと「 the republican [party] 」だし、そもそもスプリングスティーンは熱烈な民主党支持だから、文脈が通らない。ここは「共和制」でよいのだろう。言いたいことはきっとこうなのだ。

共和制は低脳のせいで苦しい状態にある。

このとき「共和制」というのは、もちろん「合衆国」の政治制度のこと。アメリカの人はたぶん自国のことを指すとき「 the United States 」と言うのだろう。スプリングスティーンと言えば「Born in the USA」というフレーズが頭に浮かぶものだから、わざわざ「the republic 」というのにちょっと意外な感じがしたのだ。

ボーン・イン・ザ・U.S.A(REMASTER)
 

 アメリカはたしかに「State 州 / 国」の統合した「合衆国 the Unitede States 」だ。けれど国民の代表として選挙で大統領を選ぶ。その意味ではたしかに「共和制 republic 」というシステムを採用している。しかも、実際にこのシステムを採用した国としては、ヨーロッパで最初だったはずだ。

そもそも「共和制(republic)」は、「君主制 monarchy」の反対概念。「君主制」が政治システムのトップに、王や女王のような「ひとり mono 」を想定しているのに対して、「共和制 re-public 」は単一者がトップに立つようなシステムを否定して、「国 res 」は「みんなもの public 」だと主張する。

だからどれほど民主的であろうと、きちんとした憲法を制定していようと、トップに王のような「唯一者」を措定する「monarchy 」という政治制度は、どうしてもその「唯一者」の血や家系によって保障される権威を前提にせざるをえない。血や家系が権威を持つのは、それがいかに古いかというのがポイントになるわけだけど、そういう政治的権威のあり方を、M.ウェバーはたしか「伝統支配」と呼んでいた。*1 

一方の「共和制 republic 」は、君主制があたりまえだったヨーロッパ17世紀には危険思想だった。それは、フランス革命以降にはヨーロッパ中に拡散、各地で「王の首」をねらうテロリスト集団を形成することになる。それまでの支配階級にとって、フランス革命というのは恐ろしいテロリスト集団の勝利だった。「共和制」の国なんていうのは、一握りのテロリストたちが、もう王様はいませんぜ、この国はもうおれたちのものだと、民衆を扇動している騒乱だったのだ。

実際、王の首をはね、その側近を次々と投獄しても混乱は収まらない。国が治らないから、誰かが前に出てきて、じゃ俺に任せろという。よし任せたぞといって、うまく治ればよし、さもなければともかく責任者を誰か探し出して(文字どおり)首にしてしまったわけ。「ギロチンの嘔吐」と言われる状態だ。

こうしてフランスの共和制は、最初は恐怖の支配にさらされることになる。それまでの支配者、あるいは主権を体現していた王の首をはねちまったわけだから、早急に何かべつの主権(sovereignty )が必要になったわけ。日本語で主権というと分かりにくいけど、この sovereignty という言葉は「上から(sovra)」+「支配する(regnare)」ということ。

今までは、血や家系によって上に立っていた。次に、恐怖によって上に立つものが現れた。それじゃ次はどうするってことになるわけだ。フランスと、ヨーロッパが、この主権をめぐる問題で右往左往している19世紀に、平然と共和制をシステムとして確立させていた国がある。それがアメリカ。

アメリカで最初の大統領ワシントンは、1788年12月15日から1789年1月10日の、ほぼ1ヶ月にわたる選挙によって選出された。同年の7月14日に、フランスではバスチーユ牢獄が襲撃されたわけだから、フランス革命が起こるまえに、アメリカの元首たる大統領は選挙によって選ばれていたことになる。

それにしても、選挙 *2 によって中央政府の代表、あるいは独立国の元首が選ばれるというのは画期的だ。

そもそも選挙で選ばれる「大統領」は「王」とは違う。それは言葉を見てもわかる。

イタリア語で考えると「王(Re)」は「君臨する regnare 」する者のこと。英語の「王(King)」はどうやら「一族(kin)」にさかのぼるようだ。

しかし「大統領(presidente)」は、「君臨する」のではなく、「前に pre - 座る人 sidente 。しかも、どこかの「一族」に属している必要はない。つまり、そのときの民によって選び出されたことが重要なのだ。なぜ、それが重要なのか。なぜなら、大統領を選んだのが民であるということは、民が「主権」を持つということを意味しているはずだ。つまり、大統領よりも上位に民が君臨している。まさに「主権=上に立つこと sovereignty  」は民にある。

だから大統領というのは、いつまでも前に座っていらない。任期がある。任期より前におバカなことをすれば、すぐに引っ込めさせられる。弾劾される。もちろん、おバカなことをやらかした人間はそれを隠そうとするから、ちゃんと監視しないとダメ。そこにジャーナリズムの役割がある。ジャーナリズムが監視できなければ「大統領のお仲間たち all the president's men 」はおバカのやり放題になってしまう。だから『大統領の陰謀 All the president's men 』(アラン・J・パクラ、1976)という映画を見ればわかるように*3、アメリカではウォターゲート事件を告発したジャーナリズムを称揚するわけだ。

大統領の陰謀 [Blu-ray]

大統領の陰謀 [Blu-ray]

 

 ブルース・スプリングスティーンがどこまで考えているのかはわからない。けれども、熱烈な民主党支持者として知られる彼が、まさに大統領選のさなかに「the republic」が困難な状態にあるというのだ。その「the republic 」とは、アメリカ合衆国の「人民の人民による人民のための」という建国の理念を体現する大統領制のことなのだろう。

 

2)【a moron】について

 そんな大切なアメリカ大統領だから時間をかけて選ばれる。やたら時間がかかるように見えるけど、時間をかければ自然とおバカが見えてくる。ダメなやつは馬脚をあらわす。時間をかければ、きっちりと大統領を選ぶことができる。それがアメリカ建国の理念にかなうというわけなのだ。

ところが今やトランプのような候補が大統領選でいいところまで来てしまった。共和党の最終候補になっただけではない。下手をすれば大統領に選ばれかねない勢いではないか。アメリカの理念を体現すべき大統領に、こんなやばいヤツがなってしまっては大変だ。だからスプリングスティーンは言ったのだ。「共和制は低脳のせいで苦しい状態にある」と言ったわけだ。

しかし、じつのところスプリングスティーンの言葉で一番気になったのは、この「低脳のせいで(by a moron)」というくだり。そもそもこの「moron」という表現は、20世紀の初頭、優生学の影響下にあった精神医学の用語。医学用語らしくギリシャ語の「 moron (愚か者)」にひっぱってきて、知能レベルが8歳から12歳ていどの成人、つまり軽度の精神遅滞者のことを指すために使われた表現。おそらく今では、優生学起源であることは忘れられたまま、語感のよい新語として米国やカナダでひろがって、日常的に使われるようになったようだ。*4

この種の言葉ではめずらしいことではない。誰かが気がついて指摘すれば、それまで平気で使っていた者も赤面してパタッと使わなくなる。もし誰も指摘しなければ、いつまでも使われ続けることになる。例えば日本語でインスタントカメラを意味する「バカチョンカメラ」など、一時期は大きく広がったものの今ではもう言わなくなった(はずなのだが、万一使っている人がいたらそっと意味を教えてあげてね)。イタリア語には「cretino(愚か者)」という表現があるけれど、これはたぶん今だに使われている。ほんとうは「甲状腺機能低下症(クレチン病)」に罹患した人を指して「かわいそうな人 povero cristiano 」と呼んでいたところに由来する表現だから、甲状腺の機能不全で知能低下を患う人への差別用語だ。

まあ今では、インスタントカメラなんて誰も使わなくなり、甲状腺障害も治療できるようになった。もちろん、ナチスドイツが推し進めた優生学なんてタブーになっているのだけど、そこで使われた言葉は、含意を替えながら生き残っていたりするというわけだけれど、できるかぎりでその系譜を指摘し、できれば博物館に送りにしておきたいもの。ところが「moron」はまだ博物館おくりにはなっていない。日常語として使われているのだ。

それをスプリングスティーンドナルド・トランプに対して使った。インパクトがあったのだろう。記事になったのだから。しかしである。彼のことを「moron」という言葉で呼ぶことに意味があるのだろうか。それが優生学的系譜をもつ言葉だからではない。トランプを「低脳」呼ばわりすることに意味はあるのだろうか。

おそらく、これまでの大統領選挙だったら意味があったのだ。選挙戦の途中で「おバカ」であることを知られてしまったら、それで終わっていたのではないだろうか。ところがトランプ候補の場合はそうではない。その「おバカな」な言動の数々にもかからわず、ここまで来てしまった。すでに候補から外れていてもおかしくないのに、平然と選挙戦を続けているばかりか、いまやクリントンに肉薄する勢いではないか。

スプリングスティーンの気持ちはわかる。「なんで、こんな低脳野郎にかき回されなければならないんだ」。そしてそれは、アメリカの民主党支持者や良識派の多くが思っていることにほかならない。ふつうは大統領候補に「低脳野郎 moron」なんて言葉を使うはずがない。ところが、そんな言葉がポロリと出てきてしまったというわけだ。

ポイントはまさにそこにある。そもそもトランプが「低脳野郎 moron」だとすれば、アメリカの大統領選挙というのは、そんなやつでも勝ちあがれる程度のものなのか。

そもそもトランプを「moron 」呼ばわりすることに意味はない。あるいはそれを証明しようとしてみても、ほとんど効力を持たない。このあたりは、なんだか日本の状況とも重なる気がする。

まるで息をするように嘘をつける人間を前にして、その嘘を嘘だということには意味がなくなってゆく。こういう人たちの言葉は、嘘とか真実では発せられているのではない。目の前の人間がいかに熱狂するかを狙い澄まして発せられているからだ。辻褄があわなくなれば、しずかに訂正すればよい。その間にまた新しい言葉で人々を熱狂させればよい。その言葉が本当か嘘か証明される時間のあいだ、できるだけの支持を取り付ければよいのだ。

じっさいトランプ候補の支持者は膨れ上がった。問われるべきは彼が「moron」かどうかではない。そんなことはきっとスプリングスティーンもわかっているはずだ。どうして「moron」に支持が集まるかということ。トランプはいったい、誰の「前に立つ pre-sidente」ことをめざしているのか。いったい、だれを代表しているのか。

どうにもよくわからない。アメリカには行ったことがないし、とくに研究しているわけでもない。だから想像するしかない。貧困もあるのだろう。国際的な地位の低下とかもあるのかもしれない。そのあたりは、ぜひ専門家に教えてもらいたい。

ただ、個人的に気になるのは、アメリカに綿々と続くプロテスタティズムの(それも福音派)の特殊性とその歴史。ある種の宗教的な熱狂、ある種の保守性、それがダイレクトにセカイと連動している感覚。アメリカ映画を見ていると、しばしばそういうものに出会う。例えば、最近見たテレビシリーズの『プリーチャー』なんてまさにそれ。あのおどろおどろしい世界のことを、ぼくらはどうやらまだ知らないのだと思う。

 そのなにものかが、もしかするとスプリングスティーンを苛立たせているのではないか。それが、あのトランプの明白な「愚かしさ」に喝采を送っているのではないだろうか。ともかくもそのなにものかをきちんと系譜学的に言えなければ、そいつらは好き放題をやらかし続けるに決まっているわけで、だからどうしても気になってしまうのだ。

なによりも、スプリングスティーンの苛立ちが、あの「moron 」という表現に憑依されたことが気がかりだ。もちろんそれはトランプに向けられた言葉だが、それはおそらく彼には効力がない。この種のカードは、それを使うものに影響を与えてしまうものではないかと心配なのだ。

きっと、スプリングスティーンの「moron」という言葉は、おそらく何かが終わり、何かが始まろうとしている地点をマークしているのだろう。

そしてこのロックスターとともにアメリカの大統領選挙の成り行きを見守っているぼくたちもまた、終わりと始まりの間に固まって、「 moron 」という言葉に呪われてしまってはいないだろうか。

だとすれば、求めるべきはその呪いを解く「呪言(ことほぎ)」のはず。

ぼくらはそれを見逃しているだけなのか。

それともまだ到来してはいないのか。 

*1:当然ながら、日本の天皇制もこの「伝統支配」にほかならない。いかに民主主義の国で法治国家だといっても、それはいわゆる「立憲君主制 (constitutional monarchy) 」なのだ

*2:ところで、いつの間に「選挙」なるものが当たり前になったのか?すくなくとも制度としての選挙は、どうやらフランス革命の前後に考え出されたようだけど(ボルダ方式)、そのあたりはまたいずれ調べることにしよう。

*3:この All the president's men というのは、おそらく1949年の『 All the king's men』のもじり。All the king's men という表現は Humpty Dumpty から来たものだけれど、1930年代に活躍したポピュリスト政治家ヒューイ・ロングのスローガン「誰もが王様(Every Man a King)」も関係がありそうだ

*4:http://www.eigowithluke.com/2011/03/moron/

パオロ・コンテの Chiamami adesso を訳してみた

イタリア語 音楽

http://www.musicalt.it/wp-content/uploads/2014/10/paolo-conte.jpg

 

FBで大好きなパオロ・コンテの歌詞の一節が流れてきた。知っている歌の一節だったから、すぐに頭のなかであのしわがれ声が響いた。それで、どういうわけか思ったんだ。あっ、これは今、この僕に向けられた言葉なのかもしれないってね。そのイタリア語がこれ。

Chiamami adesso che 

è più buono il mio cuore

Dammi il tempo che tempo non sia

Dammi un sogno che sogno non dia 

Chiamami は動詞 chimare (呼ぶ)の命令法に、代名詞 mi (私)がついた形。そのままだと、「今、呼んでほしい」ということになる。呼んでくれってどういうことなのかなと思いながら、でもなにか切迫した感じで、パオロ・コンテが「呼んでほしい」なんて歌っている姿を想像したのだけれど、うまく想像できない。

そこで歌詞を検索して全文を読んでみたら、なんのことはない、たぶんこの「呼んでくれ Chimami 」は「電話してくれ」ということだと気がついた。その瞬間、なんだかこの歌詞の世界がぱっと開けたので、以下に全訳してみることにする。

まだ、わからないところはあるけれど、でもわからないままでもいいかもしれないとも思っている。とくに「時間」と「夢」のあたり。とてもシンプルなイタリア語なんだけど、こいつを日本語にするのはかなりむつかしい。挑戦してみたけど、どうだろう。うまく訳せているかな... 

ま、あまた気がついたら、おいおい、直すかもしれないけれど、とりあえずはこれで。ではご笑覧。

 

www.youtube.com

 

Chiamami adesso, sì,

lo so che prima era 

era più facile

ma è adesso che ho bisogno io di

farmi trovare, farmi trovare qui

chiamami adesso che

è più buon il mio cuore

 

すぐに電話くれないか そう

わかってる 以前なら

以前なら ずっと簡単だった

でもすぐじゃないと いまここで

呼び出してくれなきゃ だめなんだ

すぐに電話くれないか

まえよりずっといい奴でいるからさ

 

Dammi il tempo che tempo non sia

Dammi un sogno che sonno non dia

  

時間をくれないか 時間にならない時間を

夢をくれないか 夢をくれない夢を

 

Chiamami adesso che

non ho più niente da dire, ma

voglio parlare lo stesso insieme a te

voglio provare io a descrivermi

chiamami adesso che

ho bisogno di te

 

すぐ電話くれないか

もう言うことなんて何もないけど

おまえと話したくて

なんとかして おれのことを伝えたくて

だからすぐ電話をくれないか

おまえじゃないとだめなんだ

 

PS

この曲をYT検索していて気がついたんだけど、サンドラ・ブロックの『イルマーレ』にも使われてるみたいね。ぼくは未見だけど、編集された映像を見る限り、なるほど、歌詞の世界とつながっているみたいだね。

www.youtube.com

 

900

900

 

 

Chiamami Adesso (Live In New York / 1998)

Chiamami Adesso (Live In New York / 1998)

 

 

イルマーレ [Blu-ray]

イルマーレ [Blu-ray]