雲の中の散歩のように

Cinema letteratura musica どこまで遠くにゆけるのだろう

ジェフ・ベック、こどもたちを思うバラードを訳してみた

ラウド・ヘイラー


最近ハマっている『Loud Hailer』。2016年のアルバムなんだけど、そのなかの一曲 Scared for the childeren がすごくよい。ジミヘンの『エンジェル』を明確に意識した曲だというのだが、そんなことを言われるとよけいにグッときてしまう。

 

www.youtube.com

歌っているのはロージー・ボーンというおねいちゃん。ベックからみれば孫みたいな歳なのだろうけど、彼女の表現力が、じつに歌詞の味を引き出してくれていて、ジェフのギターとの相性も抜群だ。


それにしても実に泣ける歌詞なんだよね。ぼくらが生きているこの如何しようも無い時代のことを、如何しようも無いというだけなら簡単なんだけど、ベックはそうじゃない。そんな時代にしちまったのは、じぶんたち大人のせいじゃないかという思いがあるのだろう。その思いは、こどもたちのことを考えるときに立ち上がってくる。ぼくらは、こどもたちに一体、何を残してやれるのか。もしかすると、何も残してやれないのじゃないかという不安。彼らの将来をおもってぞっとすると同時に、今からでも何かできないかという焦り。焦るけれども残された時間はほとんどない。できることは、ただバラードを書いて、ギターをあわせるだけ。

そんなバラードの歌詞を、以下、日本語に訳してみることにする。ほとんど調べずに訳したので、大まちがいがあるかもしれないけど、気がついたことは教えていただければありがたいです。

では、最初に原語、次に拙訳を載せておきますね。

Billy skipped school again
Looking like a fool again
What a little waste for a taste of a big boy’s life
I'm scared for the children

 

ビリーはまた学校をさぼってしまったのね
また馬鹿みたいになってるじゃない
ちょっともったいない、ビッグボーイの暮らしを味わいたいからって
こどもたちのことを思うと、わたしぞっとしちゃうの

 

Computer screens and magazines
Manufactured hopes and dreams
Playing in a concrete box
‘Cause mother's got her shows to watch
I'm scared for the children

 

コンピューター・スクリーンに雑誌
でっちあげられた希望に夢
コンクーリートの箱のなかで遊んでる
ママは見るべきショーがあるんだね
こどもたちのことを思うと わたしぞっとしちゃうの

 

This is the end of the age of the innocent
One more game before they go
This is the end of the age of the innocent
What will we leave them with?
Suppose we'll never know

 

これは無垢の時代の終わり
あの子らがいなくなる前にもうひとゲーム
これが無垢の時代の終わり
わたしたち、あの子たちに何を残してあげられる?
そんなのわかりっこないと思うのよ

 

Processed greens and man-made meat
Running out of things to eat
Little boys having way too much fun playing with a big boy’s gun
I'm scared for the children

 

加工されたグリーンに人造ミート
食べるものが足りなくなってるからね
リトルボーイたちはちょっとはしゃぎすぎ、ビッグボーイの銃を手にしちゃって
こどもたちのことを思うと、わたしぞっとしちゃう

 

And on the day the last bird dies
There won't be a drop from their big square eyes
An old man with his eyes just like glass
Kisses the last blade of grass
I'm scared for the children

 

そうやって最後の一羽が死ぬ日が来るの
あの子とたちの大きな四角い目から涙なんて一滴もこぼれないわよね
ひとりのオールドマンがガラスみたいな目をして
最後のグラス(芝生)の一枚にキスをするのよ
こどもたちのことを思うと、わたしぞっとしちゃう

 

This is the end of the age of the innocent
One more game before they go
This is the end of the age of the innocent
What will we leave them with?
Suppose we'll never know

 

これは無垢の時代の終わり
あの子らがいなくなる前にもうひとゲーム
これが無垢の時代の終わり
わたしたち、あの子たちに何を残してあげられる?
そんなのわかりっこないと思うわ

 

No respect for anyone
Why would they after what we done?
What an example we have set,
What a planet we have left
Let's be there for these children

 

誰のこともシリペクトしやしない
そりゃそうだわ、私たちのやったことを思えばね
たいした模範を示してものよね
みごとな地球を残したものよね
そこにいてあげましょうよ、この子どもたちのために

 

Scared for the Children

Scared for the Children

  • provided courtesy of iTunes