読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雲の中の散歩のように

Cinema letteratura musica どこまで遠くにゆけるのだろう

Erri De Luca 『世俗の祈り』

f:id:hgkmsn:20141121144115j:image
 
またFBで素晴らしい詩にめぐりあった。地中海の難民たちのことを詠った詩なのだけれど、神ではなく海にむかっての祈りとして書かれたものだ。だからそのタイトルは「世俗の詩」。ランペドゥーサ沖の悲劇のことや、その悲劇を先取りした映画「海と大陸」のことなどを書いてきたぼくとしては、とても見過ごすことはできないやと思って読んでみれば、これが実にすばらしい詩。ぼくの拙い日本語ではとても追いつかないけれど、なんとか雰囲気を出して訳してみた。
 
では、どうぞ。
 
『世俗の祈り』(エッリ・デ・ルーカ)
 
我らが海よ 
汝 空にはおらず
島の境と世界の境界を抱くもの
幸いなるかな 汝の塩
幸いなるかな 汝の水底
迎えたまえ 人に溢れる小舟が
汝の波に乗り 道なき道をゆくのを 
夜のうち 漁師たちは港を立ち
網を汝の創造物に放つ
朝、港へ帰るとき
持ち帰るのは救われた漂流者たち

我らが海よ 
汝 空にはおらず
夜明けに 麦の穂の色となり
夕暮れに 畑で収穫された葡萄の色となるもの
汝のもと 我らの蒔いた溺死者たち
その数 いかなる嵐の時よりも多し

我らが海よ
汝 空にはおらず
動かぬ大地よりも正しいもの
たとえ万里にわたりて波を立ち上げ それを打ち倒すとしても
守りたまえ 命を 
街路の葉のように落ちた命を
秋がそうしてやるように
やさしく抱きしめて
口づけを与えたまえ
旅立つ前に父と母がするように
 
(ランペドゥーサ、2014年10月3日) 

エッリ・デ・ルーカ本人の朗読。 


Erri De Luca: La mia preghiera laica - YouTube

 
イタリア語の原文はこれ。 
Mare nostro,
che non sei nei cieli,
e abbracci i confini dell’isola e del mondo,
sia benedetto il tuo sale,
sia benedetto il tuo fondale,
accogli le gremite imbarcazioni,
senza una strada sopra le tue onde.
I pescatori usciti nella notte,
le loro reti tra le tue creature.
che tornano al mattino
con la pesca dei naufraghi salvati.

Mare nostro,
che non sei nei cieli
all’alba sei colore del frumento,
al tramonto dell’uva di vendemmia,
ti abbiamo seminato di aggenati
più di qualunque età delle tempeste.

Mare nostro,
che non sei nei cieli
tu sei più giusto della terraferma
pure quanto sollevi onde a muraglia e poi le abbassi a tappeto.
Custodisci le vite,
le visite cadute come foglie sul viale,
fai da autunno per loro,
la carezza d’abbraccio
bacio in fronte
di madre e padre prima di partire.

 テキストの出典はここ:

Erri De Luca, video e testo della preghiera laica per i migranti

参考:

https://www.antiwarsongs.org/canzone.php?id=48256&lang=en

 

 

海と大陸 [DVD]

海と大陸 [DVD]