読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雲の中の散歩のように

Cinema letteratura musica どこまで遠くにゆけるのだろう

レッド・ホット・チリ・ペッパーズの『デスソング』

音楽 映画



Red Hot Chili Peppers - Brendan's Death Song ...

今日はよく晴れた心地よい日和なのだけど、なぜか朝からレッド・ホット・チリ・ペッパーズのビデオクリップを見続けている。『ブレンダンのデスソング』と題されたこの曲は、文字通り「死者の歌」であり、葬送の歌なのだけど、見れば見るほど、もしかしたらそれは、こんな日和にふさわしいのではないかと思えて来た。

 

ブレンダン・マレン(Brendan Mullen 1949–2009)は、L.A.でパンクロック・クラブの経営者だった。レッチリをプロモートした人物でもあり、彼らの伝記も執筆していたという。そんな親友の突然の訃報に、新しいアルバムのレコーディングに入っていたメンバーが書き上げたのが『ブレンダンのデスソング』だ。

 

けれども、この曲は哀しいだけの曲ではない。たしかにクリップに映し出されるのは、ジャズ・フューネラル風の葬列なのだけれど、そこにはどこかカーニバルのような明るさがあるではないか。ボーカルのアンソニー・キーディスによれば、それは「なにか残念な出来事というよりも、お祝いの曲だ it's more of a celebration than a bummer.」というのである。

 

そういえばぼくも、この春、ふたつの葬式に出ることになった。ひとつは近親者だけのつつましいもので、もうひとつは葬儀場を借り切っての盛大なもの。そのときあらためて感じたことは、葬儀ってものが死者のために行われるように装いながら、じつは残された者のためにあるということだ。ぼくは、亡くなった人によってつながっていた親戚や知り合いと久しぶり再会し、今の自分を作ってくれた関係を思い出しながら、そこに欠けてしまった人がいることを確認したのだ。

 

ところが不思議なことに(というかむしろそうあるべきなのかもしれないけれど)、そこには哀しみだけがあるわけじゃない。もちろん涙もある。けれど、かつての思い出の数々は、むしろ笑顔を呼び起こすのだ。それはちょうど、黒澤明が『夢』の「水車のある村」というエピソードで描いてくれた、この世を去った人を見送る祝いのようなものなのかもしれない。死者を笑顔で見送ることで、ぼくたちはきっと、その死が呪いと化すことないように計らい、その結末を迎えた生がもたらしてくれた今を言祝ぐのだろう。

 

そんなことを考えながら、レッチリのこの曲を日本語に訳してみた。というか訳しながらそんなことを考えていたのだけど、日本語にしているうちにはっきりと見えて来たことがある。それは、この歌詞が見送る者と見送られる者の視点を揺れ動いているということだ。

 

ぼくが「おいら」と訳した1人称の "I" は、死にゆくものの口から出た「おいら」であり、同時に、残されたもの口をつく「おいら」でもある。だから2人称の "you" もまた、1人称の "I" と同様に、死者と生者の間を往復することになる。一見それは、死者と生者のダイアローグのようなのだが、聞けば聞くほどダイアローグの形式にはうまく回収されなくなってくる。それはダイアローグというよりは、むしろ生と死のはざまをマーチングしているように思えてくる。

 

そんな生と死を揺れ動きながらのマーチは、強烈なドラミングに突き動かされるように舞いを立ち上げると、次第にこの世とあの世の境界をあいまいなものと化し、ラストのリフレーン「おいらはほとんど死んでるんだ/ほとんど逝っちまってるんだ (you know I'm almost dead, You know I'm almost gone.」とともに、ついにはあの幽玄たる「あわい」を開いてくれるではないか。

 

もしかすると、そんな「あわい」の次元というのは、今日のような暖かく晴れた日にこそ開かれるのかもしれない、そんなふうに思わせてくれたこの曲。その歌詞を、ぼくはこんなふうに訳してみたのですが、どんなもんでしょうか。乞うご笑覧。

 

もしもおいらが道半ばで死んだなら

こうしてくれ

おいらの言葉をサウンドにのせてほしいんだ

そいつは生き残るだろうから

なぜって ずっと前から

わかってたんだ 独り占めしちゃいけないってね

 

そっちは安全さ 今やあんたは いたるところにいる

ちょうど空みたいにね

だからあんたは愛

あんたは最高の愛

あんたが始まりだ

この曲が聞こるかい

あんたのジャムだってわかるよな

あんたのグッドバイだってわかるよな

 

言っただろ、おいらはほとんど死んでるんだ

ほとんど逝っちまってるんだ

ドラマーのドラムは

おいらの歌の演奏なんだ

おれを送ってくれているんだ

言っただろ おれはほとんど死んでるんだ

ほとんど逝っちまってるんだ

そのうち船頭がやって来て 連れて行ってくれる

みんながやってきた場所に

 

おいらたちはみんな 乗り越えてきた

途方に暮れることだってあった

そんな時だってあるさ

カテリは泣いた

愛しい人が死んだ日に

彼女にはわかったんだ

だってあんたからもらったものが

ほんとの愛の人生だったから

驚くことじゃない

 

夜は長くて

年月は短い

あんたの生きてるあいだはね

時を遡ってみても

同じことになりゃしない

そういう時だったってこと

あんたは そのうち捕まっちまうけど

おいらは 会えてうれしかったぜ

いっしょに歩いてこられたからな

 

言っただろ、おいらはほとんど死んでるんだ

ほとんど逝っちまってるんだ

ドラマーのドラムは

おいらの歌の演奏なんだ

おれを送ってくれているんだ

言っただろ おれはほとんど死んでるんだ

ほとんど逝っちまってるんだ

そのうち船頭がやって来て 連れて行ってくれる

みんながやってきた場所にな

それで おれたちは生きてゆく

あんたが死ぬ度にいつも

あいつはもとの空にいる

おいらを休ませてくれ

そうすりゃ別れの時に

また太陽が昇るだろう

 

おいらは言った イエー イエー イエー イエー

おいらは言った イエー イエー イエー イエー

 

言っただろ、おいらはほとんど死んでるんだ

ほとんど逝っちまってるんだ

(おいらは言った イエー イエー イエー イエー)

ドラマーのドラムは

おいらの歌の演奏なんだ

おれを送ってくれているんだ

(おいらは言った イエー イエー イエー イエー)

言っただろ おれはほとんど死んでるんだ

ほとんど逝っちまってるんだ

(おいらは言った イエー イエー イエー イエー)

そのうち船頭がやって来て 連れて行ってくれる

みんながやってきた場所にな

(おいらは言った イエー イエー イエー イエー)

 

言っただろ おれはほとんど死んでるんだ

ほとんど逝っちまってるんだ

 

言っただろ おれはほとんど死んでるんだ

ほとんど逝っちまってるんだ

 

 

If I die before I get it done, 

Will you decide.

Take my words and turn them into sounds,

That will survive. 

Because a long time ago,

I knew not to deprive.

 

It's safe out there and now you're everywhere,

Just like the sky.

And you are love,

You are the love supreme,

You are the rise. 

And when you hear this,

You know it's your jam,

It's your goodbye.

 

[Chorus:]

Like I said you know I'm almost dead,

You know I'm almost gone.

And when the drummer drums,

He's gonna play my song,

To carry me along.

Like I said you know I'm almost dead,

You know I'm almost gone.

And when the boatman comes to ferry me away,

To where we all belong.

 

We all crossed

When we were feeling lost,

It's just the time.

Kateri cried,

The day her lover died,

She recognized.

Because ya gave her,

A life of real love,

It's no surprise.

 

The night's are long,

But the years are short,

When you're alive.

Way back when,

Will never be again,

It was a time.

It's gonna catch you,

So glad I met you,

To walk a line.

 

Like I said you know I'm almost dead,

You know I'm almost gone.

And when the drummer drums,

He's gonna play my song,

To carry me along.

Like I said you know I'm almost dead,

You know I'm almost gone.

And when the boatman comes to ferry me away,

To where we all belong.

Then we live,

So every time you die,

He's in the revert sky.

Lay me down,

So when it's time to leave,

Another sun will rise.

I said yeah! Yeah! Yeah! Yeah! Yeah!

I said yeah! Yeah! Yeah! Yeah! Yeah!

 

Like I said you know I'm almost dead,

You know I'm almost gone.

(I said yeah! Yeah! Yeah! Yeah! Yeah!)

 

And when the drummer drums, 

He's gonna play my song,

To carry me along.

(I said yeah! Yeah! Yeah! Yeah! Yeah!)

 

Like I said you know I'm almost dead,

You know I'm almost gone.

(I said yeah! Yeah! Yeah! Yeah! Yeah!)

And when the boatman comes to ferry me away,

To where we all belong.

(I said yeah! Yeah! Yeah! Yeah! Yeah!)

 

Like I said you know I'm almost dead,

You know I'm almost gone.

Like I said you know I'm almost dead,

You know I'm almost gone.

Like I said you know I'm almost dead,

You know I'm almost gone. 

 

 

 

 

夢 [DVD]

夢 [DVD]